これからも、クラウドソーシングで稼いでいきたいと思います。

私は、派遣の仕事が終了したことをきっかけに、派遣で働くことをやめて、家で働いています。いわゆる個人事業主、在宅ワーカーと呼ばれる働き方です。

 

家で働くようになってから、家族が病気になったりしたので、働きながら通院に付き添ったりする生活になりました。個人的には、家で働く選択は間違っていなかったと思っています。通勤で疲れることが、外で働いているときまで多々ありましたが、それもなくなりました。

 

ただ、とても残念なことが一つあります。転職前と同じような仕事を家でしているにもかかわらず、派遣社員だったころと比べて、収入が明らかに減ってしまったことです。

 

減ってしまった分は、どこかで補いたいと私は前向きに考えました。無金利キャッシングも検討しました。

 

しかし私は、FXなどお金を増やすこと、金融に関する知識はなし、家族が家にいることもあり外に出ることは難しい、何か作って販売できるほどの製作スキルはなしの状態です。ではどうするか?私はさらに考えてみました。

 

私が収入を増やすために、まず初めにやってみたのは、ポイントサイト、その次に取り組んだのがクラウドソーシングでした。

 

クラウドソーシングは私と相性が良かったようで、1年以上経った今も続いています。アンケートや短い文章を書いたりして、ぼちぼちと仕事をしています。

 

本業の前後に仕事をする、つまり、副業の形で仕事をするものですから、まだまだクラウドソーシングで得るお金は少ないです。本業で得られる収入に足元に追いつかず、カット代がやっとのところです。でもはじめの期待値がそれほど高くなかったためか、失望することなく、上を向いて仕事をすることができています。

 

今後の予定になりますが、私は本業もクラウドソーシングもまじめに取り組んで、クラウドソーシングについては、本業に近づけるほどの収入を得たいと思っています。

オートチャージはくせもの

イオン系のスーパーでよく買い物をしますので、WAONカードを作っています。WAONカードにはオートチャージ機能をつけていて、WAONカードの残高が5000円以下になると、指定したクレジットカードから自動で5000円チャージするように自分で設定をしています。

 

なぜ、この設定を始めたのか、それは、JALのマイラーだからです。クレジットカードの利用でマイルがたまり、WAONの利用でもマイルがたまる、ということで、クレジットカードで買い物をするよりも有利だな、と思ってこの機能を設定しました。

 

ただ、この機能を自分で設定しておいて、それはないでしょ、かもしれませんが、この機能はなかなかくせものと思います。即日融資でお金借りるようなものに感じます。

 

まず、この設定をしておくと、日々お金を持っていなくても、WAONの残高がほとんどなくても、自動的にチャージされるから大丈夫、と、あまり残高を考えることなく、買い物をしてしまいます。

 

これはクレジットカード利用のときにも、同じことではないか、というご指摘もあるかもしれませんが、クレジットカードを利用すると、その場でカード利用票が出て、それをみて、あ〜これだけかかったのね、と思い、その利用票を保管し、最終的な利用明細と照合します。もちろんWAONカードで買い物をしても、レシートはきちんと出るので、どれだけ使ったかは確認はできるのですが、クレジットカードとは違い、そのレシートは捨ててしまってもかまいません。

 

で、どこで、こんなに使ったのか、と思うか、というと、カードの利用明細をみたときです。来月の請求額の総額をみて、私ってこんなに使ったっけ?と思い、確認をしたら、WAONチャージ5000円というのが、やたら並んでいるわけです。そこで初めて、こんなに使ったんだ、と自覚をする始末です。

 

目先のマイルがたまるから、という理由で安易に設定したオートチャージ機能ですが、私のような人間には向かないのかもしれません。

トップへ戻る